スノーボード初心者さんへ!おしゃれでかっこいいスノボデビューのためのアドバイス!

>

これがなきゃ始まらない!ボードの選び方

この記事をシェアする

まずは長さをチェック

初心者の方がまず選ぶ一枚としては、必要最低限の無難なものをお勧めします。
経験を積んで上達し、さらに楽しみ方をグレードアップさせたくなった時に、改めて新しいボードを検討すれば良いでしょう。

定番のボードを選ぶポイントの一つ目は、「長さ」です。

身長によって、自分に合った長さというものは変わってきます。
一般的には、

身長175センチ以上の人は「身長マイナス20センチ」
身長160から175センチの人は「身長マイナス15センチ」
身長160センチ以下の人は「身長マイナス10センチ」

という目安で選びます。
ボードには必ずサイズが明記されていますので、購入時にはきちんと確認しましょう。
ボードを立てて置いた時に、アゴくらいの長さがちょうど良い長さとなります。
この長さを基準として考えましょう。

重要なのは固さと反発

ボードの性質として重要なのは、「しなり」と「反発力」です。
この板の硬さ、柔らかさは、「フレックス」という指標で示されています。
初心者であれば、フレックスが中間くらいのバランスの良い硬さのものを選ぶと良いでしょう。

安価なものだと、しなりや反発力がないものもあります。
ショップなどで、安価なボードと高価なボードをそれぞれ触って比べてみるとわかりやすいです。
高価なものは、ボードを立てた状態でたわませた時に、バネのように反発します。

しなりや反発力がないものでは非常に滑りにくくなり、上達のスピードも遅くなってしまいます。
良いボードはしなって反発するもの、と覚えておくと良いでしょう。

その上で、デザインや柄などにもこだわってお気に入りの一枚を見つけましょう。